kumamoto Football Journal

【J1参入プレーオフ決定戦 vs 京都】レビューコラム/あと1歩に迫ったがわずかに届かず。初めて味わう悔しさを糧に、これからも挑戦は続く。

 初めてのスタジアムでの雨のピッチ、そしてアウェーの地でチームの背中を押すために訪れた2,000を超える熊本サポーターも含め、サンガスタジアムで過去最多(それまでの最多記録は2020年に行われたC大阪とのプレシーズンマッチで記録した17,938人)の入場者数となった18,207人が作り出した張り詰めた空気の中でも、彼らは普段通りに、これまでに積み上げてきたサッカーを披露して、クラブ初のJ1昇格まであと1歩のところまで迫った。しかしながら勝ちきるための「もう1点」が奪いきれず、試合はドロー。プレーオフの1、2回戦をリーグ上位のアドバンテージで勝ち上がったのとは逆に、J1の16位チームが残留するという規定によって涙をのむ結果となった。

(残り 2519文字/全文: 2837文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ