■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 YBCルヴァンカップ準々決勝#2 福岡-FC東京】「プラン通りに自分たちらしく戦えた」/長谷部茂利

JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝#2
2023年9月10日(日)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/8,659人
結果:アビスパ福岡 2-0 FC東京
得点:[福岡]山岸祐也(38分)、小田逸稀(45+3分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「プラン通りと言ってもできすぎだったと思いますが、ゲームの内容の方も自分たちらしく戦えたと思います。得点を立て続けにというか2点取れて、そのまま後半も推移しながらというところで、難しいし点差とよく言われますが本当に難しくて、これまでも、今季、そこから逆転されたり、うまくいかないことあったんですけれども、私が言うよりも、選手同士で士気を高めてハーフタイムから後半に入っていきましたし、試合中も良い繋がり、攻守にわたって良い繋がりがあったので安心して見ていられました。3点目が取れたらなお良かったのですが、十分、選手たちのプレーは良かったと思います。また、そういうプレーを起こさせるというか、導いたファン、サポーターの、特にゴール裏の、またメインスタンド、バックスタンドのみなさんで後押しをしていただいた、そこに感謝したいと思います」

Q:トーナメント戦ですからまだ次がありますけれども、これでルヴァンカップ、天皇杯ともにベスト4ということで目標を越え、しかもルヴァンカップは2年連続のベスト4進出です。この2つの大会でベスト4まで進んだというところについてはどんなふうにお考えでしょうか?
「選手のパフォーマンス、またそのパフォーマンスを引き出したスタッフ、それぞれの役割で貢献して、これを勝ち取ってると思います。まだ続いていますので、そこからまた先に行けるように、またリーグ戦の方も続いていますから、そういう意味ではすべてのゲームで、これまで通り、目の前の試合に対して結果でコミットしていく、それができるチームの選手だし、スタッフだしということで日頃から意識を持ってやってもらっています。これからもそれに期待したいし、ここまで、まず良くやってくれたなというふうに思います」

Q:今日も早い時間帯にアクシデントがあってルキアン選手に代えて井手口選手を入れましたが、見ている感じでは左のシャドーの位置でプレーしていたように思います。その意図と狙いを教えていただけますか?
「おっしゃる通りです。まずは森山公弥がボランチで出ていたので、そのままそれを継続したかった。また機動力のある陽介は、正直、センターフォワードでもできるんじゃないそのかというぐらい、それだけのことができます。シャドーもできるので、あまりやったことはないですし、福岡に来てからもそんなにやっていないのですが、初めてかもしれない。でも少しそういう話も聞いているし、そのポジションの役割とかそういうことができる選手ですね。サッカーIQの高い選手、また技術も高い、走れる、良いことだらけですね。なので、良い形でもあったのでそれを継続して、ハーフタイムにまた体力的なことも考えて選手を少し代えました」

Q:今日、シチュエーション的に最低1点、あわよくば2点取らなくてはいけない状況だったと思いますけれど、逆に言うと無失点で抑えないといけないというところもあったと思います。FC東京さんを0で抑えるための守備のポイントはどういったところにあったのでしょうか?
「守備のポイントというよりは、これまでの戦い方を継続しながら選手たちに意識を高く持ってもらいました。点数を取らないと勝ち抜けられないということで、そちらに選手たちの意識がいってしまうと失点をしてしまう可能性もあるので、まず無失点でいこうという話を伝えています。それは、これまでと一緒ですね。90分間で1点取れば延長戦になります。そこで2点目を取ればというような戦い方、PK戦も可能性あるよということも話して、ここを勝ち抜くために、今日勝ち抜くために必要なことは何だろうということを整理して、プランまで話して、それを本当にそのまま実行してくれました。時々あるんですけれども、勝手な私の理想とか想像で選手に話すのですが、今日はそれをそのまま選手たちが実行してくれました。あのゴールは素晴らしかったですね」

Q:最後まで奈良選手を中心にチーム全員で集中力高く、その中でアビスパらしく泥臭さもしっかりと出しながら無失点で抑えたと思います。その辺りの評価はいかがでしょうか?
「泥臭さも踏まえて素晴らしかったと思います。華麗に点を取ったり、華麗に守ったりというのは、まだまだこの先上達していかなければ、そういうステージには届かないと思いますが、そこへ向けて、泥臭さも踏まえて自分たちらしかったし、1人ではなくて全員がそういうスタンスで臨んでくれているので、非常に良かったと思います」

Q:今日は永石選手をスタメンで起用しました。中3日の試合で、前の試合では痛いミスもあったと思いますが、彼を起用した意図と期待していたことを教えてください。
「まずコンディションは良かったと思います。1失点をしてしまったアウェイのプレー以外は非常に良かったと思います。なので、ここで彼自身の今後のサッカー人生も含めて、ここでやらなきゃどうする、ここでやれるからまた一つ成長できると思うし、チームへの貢献というか、ここでやることが、やれることが、勝ち抜くことが、無失点で抑えることでみんなが認める、そして彼が成長するというような、難しい判断ですけれども、ミスはしましたけれど、それ以外のプレーは非常に1stレグは良かったですし、やはり今日もプレーは良かったですね。なので、そこは期待通り活躍してくれました」

Q:佐藤凌我選手の東福岡時代の同僚の小田選手が1得点1アシストというところで、そこの働きについてどんな感想をお持ちでしょうか?
「いろんな競技、スポーツがあるともあると思うんですけども、やはり気持ちが乗る、そういう古巣対戦だったり、今回のようなことで大親友が活躍するというか、一番良い仕事をするというか、それはちょっとできすぎかもしれませんが、これがスポーツの良いところ、競技、サッカーの素晴らしいところだなということを改めて感じました。今日で言うと、ファン、サポーターが、あるいはコレオも含めて盛り上げてくれて、それで1日、1か月、治りが早くなるわけではないと思いますが、やはり彼の心に残って、彼がこの地元福岡でスターになっていくんであろう、またそれを小田がサポートするんであろうと思います。小田がスターにはならないと思います(笑)。小田がサポートして、アシスト役と言うんですかね、いろんなことをアシストするような、今日ような2人の関係、アビスパ福岡での2人の立ち位置というのができていくんじゃないかなと。非常に美しいというか、勝つことでそれがクローズアップされたなと。そう思います。記事にしてください。」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ