「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第8節 福岡-広島】「自分たちにとって相手にとって良い結果で終わったんじゃないか」/スキッベ

2024明治安田生命J1リーグ 第8節
日時:2024年4月13日(土)14:05キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/8,533人
結果:アビスパ福岡 1-1 サンフレッチェ広島
得点:[福岡]シャハブ ザヘディ(22分)、[広島]佐々木翔(25分)

◎ミヒャエル スキッベ監督(広島);
Q:試合を振り返って
「今日の試合は本当に戦った試合だと思います。フィジカルの強い相手、そしてファールを厭わない止め方というか、そういう相手と対戦して非常に戦った試合だと思います。それゆえに、早くボールを動かして裏を取るというところは少なかったように思います。むしろそういうところよりも、早くクロスを上げてという形の展開が多かったと思います。
それから、アビスパにも良い形を作られたというのもあったと思います。右サイドの速い攻撃から、フィジカルを生かしたストライカーに危険なシーンを作られました。後半の始まりのところでポストに当たったシーンだとか、そういったところで、もう少し自分たちがアンラッキーだったら負けていたかもしれません。ただ、後半の内容自体は、そういったところに関して言えば勝っていてもおかしくなかったかなというふうに思っています。今日は1-1という結果でしたけれども、これは自分たちにとって、相手にとって本当に良い結果で終わったんじゃないかというふうに思います」

Q:先ほどおっしゃった相手の右サイドの攻撃は、特に立ち上がりを非常に脅威だったと思いますし、相手の9番の選手も素晴らしい選手だったと思いますが、ここの脅威に対して、どのような修正をして後半に臨まれたのでしょうか?
「自分たちの強みである相手よりも早くボールを動かすというところをやっていこうということでした。それはうまくいったと思います。ただ後半の頭のところで、本当にまた同じようなピンチを迎えました。自分たちのことに目を向ければ、相手がやっていたように例えば、前の方にドウグラスだったり、ピエロスだったり、フィジカルの強い、身体の大きな選手がいたならば、もう少し楽な展開になったんじゃないかというふうに思います。そういった選手たちには、来週、再来週になれば戻ってくるという目途が立っている選手もたくさんいますし、そうなるとクオリティも上がると思います。ただ、今日の選手たちが見せたパフォーマンスに関しては、本当に素晴らしいと思っていますし、本当に強いチームができているなという感触はあります」

Q:今シーズン初めてCKから点が取れましたが、その立役者が佐々木翔選手だと思ますし、守備面でも非常にクレバーなプレーをしてくれました。彼の今日のプレーについての評価をお願いします。
「このチームの最高のキャプテンで最高の選手だと思います」

Q:前半に相手に先制されながらも、すぐに得点して同点にしたということに関しての評価をお願いします。
「試合の展開、点差に関係なく、前の方からサッカーをするということは変わらないというところがあります。ですから0-1になった時点で、乱れることなく、自分たちのサッカーである前から行くという魅力的なサッカーをやろうというところを続けられたこと、それが良かったと思います。また、今日の自分たちは本当にセットアップでうまくいっていたなというふうに思います。福岡には非常にヘディングの強い選手が多く揃っていて、セットプレーからのディフェンスがすごく強いチームだと思いますけれども、そんな中でも何個も良いチャンスを作れたというのは良かったと思います。その後、ウェリントンが入ってきましたが、さらにヘディングの強い選手が入ってきても、それでも良いセットプレーができたというところは本当に良かったと思います。今日の試合はどちらもクロスからのゴールでしたけれども、クロスの質というところが非常に重要なポイントだと思っています。本当にゴールできるかできないかということを決定づけるようなそういうそれぐらい重要だというふうに感じています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ