「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第9節 福岡-磐田】「アウェイで福岡相手に勝点1という結果はポジティブに捉えている」/横内昭展

2024明治安田生命J1リーグ 第9節
日時:2024年4月20日(土)15:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,254人
結果:アビスパ福岡 2-2 ジュビロ磐田
得点:[磐田]ジャーメイン良(30分、47分)[福岡]シャハブ ザヘディ(60分、78分)

◎横内昭展監督(磐田;)
Q:試合を振り返って
「まず雨の中、福岡まで駆けつけてくれたサポーターに勝点3、勝利を届けられなくて本当に申し訳なく思っております。試合は、我々は連戦でしたけれども、やれることは少なかったんですが、対福岡に向けてミーティングだったり、選手個々に話をしながら、今日のゲームプランというところを、選手は本当に忠実にやってくれたなというふうに思っています。その中から2ゴールを奪いましたけれども、失点してからは、やはり我々の弱さというか、脆さがまた出てしまったというか…。ただ、僕はもちろん勝点3が取りたかったですけれども、アウェイで福岡相手に勝点1を持って帰れることはポジティブに捉えています。一歩、半歩かもしれませんけれども、積み上げられたというふうに思っていますので、しっかりこれを次のゲームに繋げていきたいなというふうに思っています」

Q:先発に森岡陸選手を起用したと思いますが、その意図と評価をお願いします。併せて、伊藤槙人選手の状態も教えてください。
「伊藤槙人もカップ戦でもベンチに入ってプレーしていたんですけれども、少し練習で腰を痛めて、今日はゲームができない状態というか、プレーできない状態になったのでメンバーから外しています。森岡陸に関しては、この間のカップ戦、ルヴァンでも非常に良いプレーをしていましたし、今日、スタートから出ても大丈夫だというところで彼を起用しました。彼の評価はすごく良いです。中2日で、ナイトマッチから今日は昼のゲームで。彼自身、怪我で本当に長い間苦しんでいた選手で、こういう連戦だったり、フルマッチをやる機会がそんなにはなかった中、本当に素晴らしいプレーを見せてくれたと思っています」

Q:2失点目は中央でのパスミスから生まれたものですが、それについて監督はどのように捉えていらっしゃるのでしょうか?
「ミスはどこでも起きると思っていますし、僕は選手にトライするように常日頃言っていますので、ああいうとこでミスが出てしまったのは僕の責任かなと思っています。もちろん判断だったり、そういうものはあるとは思いますけども、選手には常にトライするように僕は言ってますので、失点は僕の責任だと思っています」

Q:攻守にわたって藤原選手が非常に良かったと思いますが、ルヴァンカップからの連戦ということで、いつ代えるかというのはずっと考えられていたことだと思います。代えるタイミングはどのような考えで決められたのでしょうか?
「少し体力的にもきつくなってきた時間帯だと思いますし、少し寄せきれない部分も出てきた中で、あの時間帯まで本当によくやってくれたなというふうに思っています。そういう意味で、非常に良いプレーをしていましたけれども、さらにフレッシュな選手を入れて、もう一つギアを上げたかったなというのが狙いです」

Q:ウェリントン選手を2トップではなく、敢えてシャドー気味の少しミスマッチのところで、競りにくいところで入れてくるというところは福岡さんのいやらしい部分ですけれども、もっとこうしておけばうまく対応できたというところがあれば教えください。
「ウェリントン選手が入ってきて、僕らは別にそこで彼にやられたわけでもないですし、敢えて変える必要はないかなという考えがありました。もちろん起点は作られて、競り合いとかでも上回られた部分もありますけれども、しっかり森岡だったり、リカルドだったりが対応していましたし、我々が持っているカード、たくさんそういう選手に対応できるカードがあるわけではないので、僕としてはそのままでも大丈夫だという判断のもとでやりました」

Q:勝点1を持ち帰るとはいえ、追いつかれたのも事実もあり、そこを勝ち切るために必要なものというとどんなところになりますか?
「勝ち切るためには失点しないことかなと思っています。我々、得点を奪ってリードしたので、そこでいかに失点をしないか。もちろん相手も得点を取るために、いろんな策を講じてくるとは思いますけれども、それに対してしっかり、もちろん僕も策がなかったといえばそれまでですけれど、選手、僕ももう少し失点しない、させない、そういうものは今後必要になってくるかなというふうに思っています」

Q:福岡がボールを持つ展開はあまりないんですけれども、今日は磐田さんがボールを持たせる展開になりましたが、それは狙い通りだったのでしょうか?
「そうですね。多少、持たれていいゾーンとていうのは、選手たちとは共有はしていました」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ