川本梅花 フットボールタクティクス

三浦俊也(FC岐阜監督)【ノンフィクション】プロでの選手経験がない人が監督になって経験したこと(第1回)【会員限定】

目次
はじめに
ドイツサッカーとオランダサッカーの狭間で
コーチから監督就任のオファー

第1回

はじめに

三浦 俊也がFC岐阜の監督に就任した。2014年からベトナムA代表とオリンピック代表監督を兼任して、その後2019年までクラブチームで指揮を執る。2011年にヴァンフォーレ甲府の監督を務めて以来、日本サッカー界への復帰は11年ぶりになる。三浦がどんな人物でどんな考えを持っているのかを知るサポーターが少ないと思われる。そこで、2009年に取材した内容をもとに、ノンフィクション形式で掲載することにした。今回の文章は第1回であり、数回続くことになる。このテキストが、FC岐阜での三浦のサッカーを観戦する手助けになれば幸いである。

三浦俊也氏、FC岐阜監督就任(チーム統括本部長兼テクニカルダイレクター退任)のお知らせ

ドイツサッカーとオランダサッカーの狭間で

三浦俊也は、ドイツでサッカーライセンスを取得するためにケルンスポーツ大学に留学した。ドイツ式サッカーのイロハを学んだ三浦にとって、大宮アルディージャでのピム ファーベックのオランダ式サッカーとの違いに最初は戸惑った。

(残り 3216文字/全文: 3700文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ