■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「football fukuoka」中倉一志

鶴野怜樹/「ここで終わるわけにはいかないし、やっとスタートできたという安心感の方が大きい」:【アビスパ’s Voice】

内容:練習後の共同囲み取材
日時:2023年3月9日(木)
場所:雁の巣球技場

◎鶴野怜樹選手;
Q:デビュー戦での初ゴール。一晩経ちましたが、改めて今の想いを聞かせてください。
「目標にしていたプロサッカー選手というキャリアがやっと昨日スタートしたような感じがして、それで点を取ったという事実はあるんですけれど、あんまり現実味がないというか、SNS等でたくさんお祝いのメッセージをもらっているんですけれど、浮かれている自分はないし、今まで通り、もっともっと向上心を持って、もっとたくさん点を取って、チームの勝利に貢献できるようにという考え方です」

(残り 2198文字/全文: 2467文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ