RYUKYU SOCCER PRESS

猪瀬康介「僕がシュートを止めることでチームをグッと引き締めたい」 《10/2(土)第32節:ファジアーノ岡山戦に向けて》 #fcryukyu

 

--前節の磐田戦を振り返り。

群馬戦に(田口潤人に代わって後半から)出て、それが終わって次へというところで僕はいつもどおりに怠らず準備していました。先発からというところでいえば6試合空いての試合になったわけですけど、正直今までで一番落ち着いてプレーできたかなというふうに思っていて、自信を持って試合に入れたなと思っています。なので試合開始早々、ハイラインの裏へのスペースを狙って抜け出たルキアン選手へのパスに対してもしっかりカバーできたし、そのあとブラインドになって実際には見えなかったシュートに対してもストップできたシーンもありましたし、本当に今までで一番ひとつひとつの場面に対して冷静に考えながら対応できたかなと思っています。

 

--アウェイで、なおかつ磐田を相手に対して冷静な状態で試合に入れた理由は。

(残り 2510文字/全文: 2873文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ