長崎サッカーマガジン「ViSta」

高橋峻希「岡山戦では痛い敗戦を喫してしまった。まずは目の前の栃木戦に集中。そこで勝たなければ何も始まらない」【J2第33節:長崎vs栃木(延期分)】試合前の選手コメント


○高橋峻希選手

■チームは現在3バックで戦っていますが、4バックとの役割上の違いや意識している部分を聞かせてください。(ViSta(ヴィスタ):藤原裕久)

4バックで戦うときは、しっかりと組織的に考えながらタイミングをみて攻撃参加すること、守備ではDF4人が良い距離感で守るということを考えています。3バックのときは、4バックのときよりも前目のポジションになるので、より攻撃に関与することを意識しています。

(残り 1159文字/全文: 1360文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ