kumamoto Football Journal

つながれたGKたち!【練習場だより】

20220127練習

トレーニングの取材対応日となった27日午前、練習場に着くと何やら面白い光景が目に飛び込んできた。GK陣のキャッチングの練習なのだけれど、太いチューブを腰に巻きつけており、どうやらフィジカル要素を組み合わせたメニューのよう。近い距離からのシュートでニア上を狙うことを意識すべく、クロスバーにお手製の赤いシートをぶら下げていた小野剛監督時代の「赤のれん」や、加藤竜二GKコーチの指導のもと、味方の壁越しに飛んでくるフリーキックへの対応を練習するために、やはりビニールシートを使って意図的にブラインドの状況を作っていた「見えない君」と同様、取材者としても興味深いメニュー。あえて名付けるなら「ハイボールキャッチ養成チューブ」といったところか。ということでひととおり見学。

 

20220127練習

チューブに引っ張られながら勢いよくジャンプ

 

20220127練習

見事キャッチした田代選手。この表情が負荷の高さを物語っていますね

 

20220127練習

「体が大きい」ため他の2人と比べて重さもある佐藤選手もジャンプ

 

20220127練習

しっかりキャッチしたんだけどめちゃキツそう

 

広報さんも写真を撮っていたので「撮らなくていいよ!」と言ってましたが、こんな素敵な表情を撮らないわけない

 

20220127練習

増田選手は表情ひとつ変えることなく…

 

20220127練習

無事キャッチ

 

20220127練習

着地後にさすがに引っ張られていましたがなんとか踏ん張ってました

 

おそらくシーズン中にはやらないメニューで、プレシーズンならでは。これできっとハイボール処理力がさらにアップするはず。

(残り 424文字/全文: 1640文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ