宇都宮徹壱ウェブマガジン

野々村チェアマンは個人アカウントで発信すべきか? 小島耕(水戸ホーリーホック代表取締役社長)<2/3>

野々村チェアマンは個人アカウントで発信すべきか? 小島耕(水戸ホーリーホック代表取締役社長)<2/3>

 

シーズン移行問題で明らかになった発信力の物足りなさ

──クラブ社長がSNSをやっている場合、ファン・サポーターと近くなるというのは、メリットもデメリットもあると思うんです。たとえば試合に負けたあと、社長に感情的なポストを直接ぶつけてくるケースって、あるじゃないですか。

小島 僕もそういうのはありますが、もっとすごいのは鹿島の小泉さんですよ。だって試合が終わったら、結果がどうあれすぐにファン・サポーターに向けてポストするじゃないですか。負け試合だと、けっこうキツい書き込みをしてくる人たちがいますよね。僕なんかだったら、立ち直れないようなリアクションもあったりします。

(残り 3293文字/全文: 3651文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ