宇都宮徹壱ウェブマガジン

新時代への期待と拭いきれなかった違和感 30周年でのJリーグアウォーズを振り返る

  2023年のJリーグを締めくくる、Jリーグアウォーズ。今年は12月5日に横浜アリーナで開催された。コロナ禍以降で、観客を集めての開催は初めて。横浜アリーナが会場となるのは5年ぶりのことだ。

 奇しくも、この日は私の新著『異端のチェアマン 村井満、Jリーグ再建の真実』の発売日。Jリーグの現在と過去を行き来する「物語」を書ききった著者としては、30周年のアウォーズがどのように開催されたか、非常に気になるところであった。

 アウォーズの模様については、DAZNで視聴された方も多かったと思う。本稿では当日の会場の模様を写真メインでお伝えしつつ、このイベントから感じた期待と違和感について言語化を試みることにしたい。

(残り 1277文字/全文: 1675文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ