RYUKYU SOCCER PRESS

GKパク ソンス「クリーンシートにこだわって昇格への力になりたい」【新加入選手インタビュー】

 

GK パク ソンス(PARK SEONGSU)

1996年5月12日生 192cm/77kg 韓国出身

経歴:FC江南 (韓国) –  愛媛FC – FC岐阜 – 大邱FC (韓国) – FC安養 (韓国)

※FC安養から完全移籍

 

 

――昨日(1月29日)にチームへ合流しましたが、沖縄でプレーするのは初めてですか。

愛媛でプレーしているときに一度来ていて、そのときはサブだったので試合には出られなかったんですが、このとき台風ではないけどメッチャ雨風強くて、ほとんどホテルから出られなかったことは覚えています(笑)。試合の時にようやく外でて、終わってすぐホテルに戻ってっていう感じで、沖縄の思い出ってそれぐらいしかなかったです。

 

――それは2019年の3月の第3節(琉球2-0愛媛)のときですね。そのときは春の嵐のような天候でしたが、今回やっと沖縄らしい気候に触れられましたね。

韓国は今マイナス10℃ぐらいでメッチャ寒かったんですけど、沖縄に着いた時メッチャ暑すぎて、汗だくです(笑)。でもサッカーするには本当ちょうど良いですね。体上げるにも筋肉系を気にせずしっかり走れますし。

 

――実際に合流してチームの第一印象はどう感じましたか。

(金鍾成)監督とお会いするのは初めてで緊張しましたけど優しくて、GKコーチ(の金鐘逹)もトレーニングは厳しいんですが、オンオフがハッキリしていて接しやすいです。チーム内で韓国語を喋れるのでコミュニケーションも図れるし、逆に普段韓国語で喋ったらいいのか日本語でしゃべったらいいか迷っちゃいます(笑)。GK陣の仲間たちも優しくて雰囲気はメッチャ良いです。

 

――琉球はつなぐサッカーをベースに展開するチームなのでGKのビルドアップも重要視されていますが、その部分は。

(残り 1341文字/全文: 2099文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ