RYUKYU SOCCER PRESS

(無料掲載)2023.8.19 明治安田J3 第23節:ギラヴァンツ北九州戦終了後、喜名哲裕監督会見

 

【2023明治安田生命J3リーグ / 第23節 / 2023年8月19日18:04キックオフ / ミクニワールドスタジアム北九州 / 入場者数 8,042人/ 晴、弱風、気温 30.2℃、湿度 80% / 全面良芝】

 

北九州 0-1 琉球

得点者:
70分 野田 隆之介(琉球)

 

 

 

北九州戦終了後、喜名哲裕監督 会見

 

まずはじめに、アウェイにも関わらず本当にFC琉球のサポーターが数多く会場に駆けつけてくれて、本当に最後まで選手を後押ししてもらいました。そのおかげで勝点3が取れたと思います。ありがとうございます。

試合に関しては、今までもそうでしたが試合の入り方に関しては悪くなく、自分たちのリズムをつかみながらも最後のフィニッシュの部分だったりシュートで終わりきれなかったりと、その辺のアグレッシブさがなかった。そういう中で相手もシステムを少し変えながらロングボールを多用して自分たちのディフェンスラインが下げさせられたりと、そういうところで北九州さんにリズムを持っていかれたかなという印象の前半でした。

ただ、今までは前半で失点し自分たちでズルズルと難しくするゲームが多かった中、今日に関しては悪い中でも前半をゼロに抑えてロッカールームへ帰ってこれた。これは本当にポジティブに捉えるところで、ハーフタイムで話したのはもちろん戦術うんぬんありますけど、やはり球際だったり、ワンツーに関して相手にしっかりついていくというところで少し緩かったのでそこはしっかり変えていこうと。それ無しにゲームは勝てないと思ったので、そこをもう一回引き締めて後半に臨みました。

後半に入ってもある程度自分たちのリズムを掴みながらゲームを進めることができ、そういう中で野田隆之介のクロスの入り方(から先取点が生まれ)、そのストロングポイントを生かしてしっかり1点取れたことがチームにとって本当に大きかったと思います。

最後も本当に苦しい時間でしたけど、最後5バックで対応した中で選手たちが本当に自分のやるべき仕事をしっかりやってゼロで抑えたことは次の試合に繋がると思います。

 

 

編集:仲本兼進(RYUKYU SOCCER PRESS)

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ