RYUKYU SOCCER PRESS

大本祐槻「感謝の気持ちを結果で返したい」【インタビュー】

 

--前節の水戸戦。ゴールには至らなかったものの、最後まで粘り強い守備を見せ、スコアレスドローという結果となりました。

もちろんすべての試合で勝ちにいっていますが、試合終盤にかけて同点のときは監督も言うように負けないことも大事だというところ。そういう部分でのハッキリしたプレーも大切になってくるというところは監督が代わってから強く言われていることです。それで勝点1でも着実に積み上げることによって今、降格圏脱出まであと勝点1というところまで来たという結果が表れています。

確かに周りから見たら守備の時間が長く、ずっと押し込まれていた試合というふうに見えたかもしれません。でも自分たちはそういう中でもしっかりカウンターのチャンスを狙っていて、実際にそういう場面をしっかり作り出せていました。逆に言えば、そこで決めきれていれば勝点3を掴み取れた試合だったと思います。もちろん苦しく厳しい戦いでしたし、簡単に勝てる試合なんてこの先1試合もありません。でも、そんなに悲観することばかりでもないですし、マイナスに捉えるのはやめようと自分自身思っているので、ポジティブに次へと進んでいければと思っています。

 

(残り 2573文字/全文: 3079文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ