RYUKYU SOCCER PRESS

2021.9.25 明治安田J2 第31節:ジュビロ磐田戦後、阿部拓馬選手会見・質疑応答全文 #fcryukyu

 

【2021明治安田生命J2リーグ/第31節/2021年9月25日19:03キックオフ/ヤマハスタジアム(磐田)/入場者数 4977人 ※新型コロナウイルス感染予防対策のため、制限付き(入場者数上限「5000人以下」又は収容率「50%以下」)での試合開催/晴、中風、気温 24.0℃、湿度 52%/全面良芝】

 

磐田 2-0 琉球

得点者:
49分 鈴木 雄斗(磐田)
77分 ルキアン(磐田)

 

 

磐田戦後、阿部拓馬選手 質疑応答

 

 

【記者陣質疑応答】

 

--磐田戦を振り返り。

試合全体の印象としては結構攻められる時間が多かったので、それを上手く凌ぎながら点を取れれば良かったんですけど、自分たちはそこから前に出て行こうというところで何度かチャンスは作りながらも最後の精度のところでジュビロのほうが上回っていたなという印象です。

 

--失点したあと、何度か良い形を作っていましたが、樋口監督の話では3人目の動きがもうちょっとあったほうがよかったという話をしていました。そのあたりはいかが思っていますか。

3人目の動きのところであったり、前にボールが入ったときの複数人数の関わり方でちょっと自分たちの思い描くような形ができていなかったので、そういう意味では少し改善が必要だなと思います。

 

--その改善の要点とは。

(残り 663文字/全文: 1246文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ