長崎サッカーマガジン「ViSta」

澤田崇「もっと必要とされるようにやっていきたい」ヴァウド「チームは練習から明るいし、やる気に満ちている」【天皇杯3回戦 長崎対新潟】試合後コメント


澤田崇選手

(2点)取っちゃったなという感じですね(笑)。1点目を取ったときは、先制ゴールでもあったんどえ「これで勝てそうだ」と思いましたし、(2点目は)(笠柳)翼が突破して、とりあえず(ペナルティエリアの)中に入ってみたら(ボールが来るまで)結構、時間がかかったので、回り込んで行ったら・・という感じでした。暑い中でそれなりにプレーできたかなと思います。(リーグ戦で途中出場中心ですが)トレーニングをしっかりやっていれば、スタメンのチャンスが来るだろうという感じでやっていました。ここからはリーグ戦でも結果を出して、もっと必要とされるようにやっていきたいと思います。

ヴァウド選手

すごく嬉しい気持ちでいっぱいです。久しぶりの試合で勝利できたこと、自分も含めて仲間たちがすごく良いプレーをしたと思います。次のリーグ戦にもつながるような試合ができたんじゃないかなと。久しぶりの試合だったのでペース配分というよりも限界まで出しきりました。それは僕だけじゃなく、足をつった選手もいて、限界までやって仲間にバトンタッチとするという感じでしたね。それができたのが大きかった斗思います。普段からハードな練習をやっていますし、常にコンパクトに守ることを意識しているんですが、今日はそれができたと思います。このチームは練習から明るいし、やる気に満ちています。それがあるので自然と試合に良い感じで入っていける。本当に好循環だと思います。

reported by 藤原裕久

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ