長崎サッカーマガジン「ViSta」

【2023.J2第41節 長崎対仙台】レビュー~『あと少し』の長崎が仙台を振り切る。改善の余地は残るが、分厚い交代枠の差で勝ちきる~

■レビュー内容のまとめ
・J1昇格の希望をつないだが、内容・結果に『あと少し』を感じる長崎
・システムがハマらない前半に個性が活きた松澤海斗
・後半に4-3-3とし中盤のパワーダウンを防ごうとするが仙台に同点とされる
・勝負を決めたのは分厚い交代選手の存在
・仙台戦は勝つことが全てだったが改善の余地を残す
・あと少しのところまで来ているとポジティブにとらえることもできる

(残り 1877文字/全文: 2057文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ