長崎サッカーマガジン「ViSta」

ショートインタビュー:中村慶太~最初の冒険の地であり最後の冒険の地「長崎」への帰還~「長崎に帰ってきて、また移籍するのは嫌だった。ここで最後まで頑張ろうって思います」

「まだ、辞めてなかったんですか?(笑)」
再会の第一声がこれである。笑った顔も、雰囲気も昔のままのようだ。だが、昔よりグッと落ち着いたようにも見える。中村の復帰を推し進めた竹村栄哉TDは、彼が軽い気持ちで復帰を考えているなら話は別だと考えていたという。だが彼は帰ってきた。チーム合流後に再会した元監督で高木琢也C.R.Oは「本人もここで現役を全うするくらいの気持ちみたいだよ」とその覚悟をくみ取る。

V・ファーレン長崎を舞台にした中村慶太の冒険がまた始まる。
辞めるなんてとんでもない。

取材して伝えるだけだ。その覚悟、思いをぜひ、読んでもらいたい。

(残り 3332文字/全文: 3603文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ