長崎サッカーマガジン「ViSta」

ショートインタビュー:都倉賢:「結果と内容を別々に考えながら開幕戦に臨みたい。自分自身としてはやはり得点にこだわっていきたい」

リーグ開幕までついに10日を切った。キャンプを終えたチームには離脱していた選手たちも徐々に復帰。選手たちはいよいよ2月18日に迫るジェフユナイテッド千葉との開幕戦に向けた最終調整に入った。開幕戦とはいえ、数字上で見れば42試合というリーグ戦の中にある1試合に過ぎない。だが誰もが自信と不安を抱える中での勝敗が、後の戦いに影響を与えていくこともある。たかが1試合、されど1試合、それが開幕戦である。これまで何度もそんな戦いを経験した都倉賢は開幕戦をどうとらえ、どう準備をしているのか。開幕へ向かう都倉の気持ちを聞いた。

■都倉選手自身、大きな故障もなくここまできました。個人、チーム状態をどう感じていますか。

チームの雰囲気も良く、新たに入ってきたメンバーが良い雰囲気作りをして、競争力も高めてくれてるので、そういった部分ではピッチ内外ともに良い感じでやれていると思います。個人としても怪我なくキャンプを終えられることを、自分の中で大前提としていたので、ここまで良い状態で来ていると思います。

(残り 1458文字/全文: 1901文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ