長崎サッカーマガジン「ViSta」

ショートインタビュー:米田隼也「今年は絶対に勝負の年。絶対にJ1昇格を達成したい」

「足し算の選手」。プロ1年目の米田隼也を指導した高木琢也監督(現 V・ファーレン長崎取締役C.R.O)は、彼をこう評した。

「同期入団の新里涼(現 水戸)はハマれば何倍もの力を出す。でもマイナスからかけ合わされるとマイナスのプレーを出してしまう。ヨネはニイザのように何倍を出すことは少ないけれど、確実に積み上げていくし、マイナスのときも最低限の低下に抑えられる」

その評価が当たっていたのかはわからないが、米田隼也は毎年・毎試合・毎日、悩み、考え、取り組み・・着実に積み上げを続けてきた。「勝負の年」。そう位置付ける今シーズン、米田隼也が目指すもの、そして感じることについて話を聞いた。

(残り 1811文字/全文: 2100文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ