長崎サッカーマガジン「ViSta」

植中朝日「エジガルはキープ力が凄いので、サポートやセカンドボールの回収を考えていました」ウェリントンハット「水戸はハイプレスでテンポの早いサッカーをしてきたが、ゴールを奪ってからはリズムをつかめた」【J2第36節:長崎vs水戸】試合後の選手コメント

〇植中朝日選手

いつも、相手が一番嫌がるところに入っていくことと、相手の目線から外れることを意識しする動き出しをしているんですが、今日もそこを意識してプレーしました。それにエジガル選手はキープ力が凄いので、そこは任せて、サポートに回ったり、セカンドボールを回収することを考えていました。

(残り 556文字/全文: 698文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ