長崎サッカーマガジン「ViSta」

手倉森誠監督「岡山はダイナミックでパワーのあるサッカーをしている。(琉球戦で)痛い思いをしたぶん、(連戦3試合で勝点)7を目指そうという話をしています」【J2第6節:岡山戦直前コメント】

15日行われたFC琉球とのウェイゲームに引き分けたものの、リーグ5試合を終えて、唯一の無敗で単独首位に立ったV・ファーレン長崎。琉球戦に続いて中3日で行われる19日のアウェイ連戦の岡山戦へ向けて手倉森誠監督が17日のトレーニング後に、Webによる囲みでの会見を行った。

*質問文末の()内は質問媒体名

-タイトなスケジュールの中、琉球戦後のトレーニングで気がけた点は何になりますか。(ViSta:藤原)

まずはリカバリー。あとは連勝をしてきて、一つ悔しい思い(=引き分け)をさせられている中で、どう気持ちをポジティブに切り替えるかというところに注意しましたね。その辺りのメンタル的なことについて話をしました。

(残り 1423文字/全文: 1724文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ