■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

長崎サッカーマガジン「ViSta」

【J2第33節 岡山 対 長崎 レビュー】~相手のストロングを消し、ウィークを突く戦いで、上位の岡山と互角のドロー~

2016年 9月25日(日)
J2第33節『ファジアーノ岡山 対 V・ファーレン長崎』
(岡山シティライトスタジアム)14:03キックオフ
天気:雨のち曇

<開始前>
長崎は前節の札幌戦で落ち着いた守備を見せた村上佑介が引き続きCBの中央に入り、さらに、ワイドの岸田翔平とパクヒョンジンを通常と左右逆で起用。対する岡山は、前節から左サイドを片山瑛一から澤口雅彦に代えて試合はスタート。

<前半>
0-15分
・互いに裏を狙い、守備時はしっかり両ワイドが下がってサイドにフタをして手堅く守るなか、運動量、プレスの連動性で上回る長崎がボールを持つシーンが増える。
・6分、ピッチ中央からパスを出した梶川諒太が宮本航汰、パクヒョンジンとパスをつなぎながらサイドに飛び出してゴール前にクロス。このボールを永井龍がシュートするもゴール決まらず。

(残り 1779文字/全文: 2134文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ