kumamoto Football Journal

【第21節 vs 横浜FC】プレビュー/悔しい敗戦からのリバウンドメンテリティを示す時。前線守備をベースに流れを引き寄せ、ゴールに導くアクションを増やせるか。

 リーグ後半戦のスタートとなった前節の岡山戦は、相手の強みであるセットプレーから押し込まれる場面もありながら終盤までよく凌いでいた。しかしアディショナルタイムに失点しての敗戦。今節対する横浜FCもセットプレーに強みを持つチームのため、無失点に抑えた前期の対戦を自信に、3試合ぶりの勝点3をもぎ取って弾みをつけたい。

(残り 1537文字/全文: 1693文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ