kumamoto Football Journal

【第20節 vs 岡山】レビューコラム/劣勢を強いられる中でしぶとく耐えたが、水戸戦に続くアディショナルタイムの失点で敗れる。

 昨年ベスト4まで勝ち進んだ天皇杯の初戦で敗れ、今季の戦いはリーグ戦のみとなった熊本。目標に向けて順調に勝点を積み上げることができなかった前期を受け、勝って後半戦のスタートを切りたい岡山との一戦だった。だが内容的にも押し込まれる展開となり、終了間際の失点で敗戦。この結果、秋田を下した水戸に抜かれ、再び17位に後退した。

(残り 2156文字/全文: 2315文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ