kumamoto Football Journal

【第16節 vs 徳島】レビューコラム/後半立ち上がりにPKで追いつかれるも、先発起用に応えた2年目の大﨑舜のJ初ゴールで8試合ぶりの勝利。

 横浜FCを迎えた前節のゲームで今季開幕から採ってきた布陣を変更し、8試合ぶりの無失点で勝点1を加えていた熊本。徳島とのアウェイゲームに臨んだ今節は、上村周平と大﨑舜の今シーズン初ゴールで競り勝って、8試合ぶりの勝利。得失点差の関係で順位は17位のまま変わらなかったものの、降格圏の18位・鹿児島との勝点差を4に広げた。

(残り 1781文字/全文: 1940文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ