kumamoto Football Journal

【第3節 vs 愛媛】レビューコラム/貫いた「最後まで攻める姿勢」が引き寄せた、劇的勝ち越し弾と今シーズンの初勝利。

 前半に比べて相手に押し込まれる時間が長くなっていた後半の73分、右サイドの深い位置へ抜けたベ・ジョンミンからの折り返しを中央で受けた石川大地がワンタッチで背後に流すと、これを収めた古長谷千博がスライディングしてきた相手を落ち着いてかわし、この日2点目のゴールで勝ち越し。しかし終了間際の87分、右からのフワリとした浮き球を交代出場のベン・ダンカンに折り返され、こぼれに詰めた菊地俊介に押し込まれて再び同点とされる。

(残り 1894文字/全文: 2101文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ