■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

kumamoto Football Journal

【第1節 vs 栃木】レビューコラム/終盤に同点ゴールを許して白星スタートはならず。それでも見せた可能性。

30年目のJリーグで16年目のシーズンを迎えた熊本の開幕戦は、新加入のFW石川大地のゴールで先制したものの、終了間際に追いつかれて1−1のドロー。しかしピッチでは昨季のリーグ戦に出場していた選手たちのみならず、昨季あまり出場機会の多くなかった選手たち、そして新たに加わった選手たちが躍動し、大木体制で取り組んでいるスタイルの継続性と、今季の可能性を十分に感じさせた。

(残り 1891文字/全文: 2074文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ