kumamoto Football Journal

【J1参入プレーオフ2回戦 vs山形】試合後コメント/大木武監督

大木武監督

相手の時間帯と自分たちの時間帯、割とはっきり見えるようなゲームでした。たくさんのサポーターの後押しのおかげで勝ち上がることができました。あと1試合、精一杯頑張りたいと思いま。

ーー前半に比べ、後半はボールに触る機会も増え、全体的に前向きにプレーできるようになった印象ですが、後半に向けて修正したことは。

大きな変化はないです。前半の頭も、1点取るまで、1点取られるまでは同じようなゲームだったですね。そんなに大きな修正はしていません。

ーー杉山選手がPKを蹴りましたが、かなりプレッシャーのかかる場面だったのではないかと思います。キッカーは決まっていたのかと、杉山選手のプレーの評価を。

PKについては、試合前からナオが蹴ると言ってあります。それから出来ですけれど、もちろんミスはあったんですけど、彼だけかといったら他の選手もたくさんミスしているわけで。それが失点につながるかつながらないか。ナオがミスしたら他の選手が次にちゃんとリカバリーする。ミスが2つ3つつながると失点になるわけですね。そういうところはチームとしてやっていかなきゃならない、それだけですね。

(残り 3099文字/全文: 3581文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ