kumamoto Football Journal

【SEASON REVIEW】皆川佑介選手、安柄俊選手、伊東俊選手コメント

2018年30節栃木戦

2018シーズンは、2年連続の21位でJ3降格という悔しい結果に終わりました。苦しかった1年を終え、選手たちがぞれぞれにどんな思いを抱いているのか、登録選手全員の声は聴けませんでしたが、今日から3日間に渡って9人の選手のコメントをお届けします。

第1回目は、チーム最多11得点を挙げたFW皆川佑介選手、皆川選手とともにキャリアハイの10得点を挙げ攻撃を引っ張った安柄俊選手、そして今季加入で交代出場が多いながらも4得点を挙げたMF伊東俊選手です。

 

(残り 3279文字/全文: 3507文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ