KAGOSHIMA SOCCER MAGAZINE“カゴサカ☆”

明治安田生命J2リーグ第2節レビュー 徳島ヴォルティス戦 WIN!!! 2−1 【鹿児島ユナイテッドFC・HOME】

明治安田生命J2リーグ第2節レビュー 徳島ヴォルティス戦 2−1 【鹿児島ユナイテッドFC・HOME】

2024/3/2(土) 15:10キックオフ

【HOME】白波スタジアム

天候/気温/湿度    晴 /  10 °C / 81%

入場者      7.034 

鹿児島ユナイテッドFC  2ー1 徳島ヴォルティス

(前半  0-0   後半  2-1 )

得点者

54分 棚橋 尭士 (徳島)

76分 鈴木 翔大 (鹿児島)

90+2` 武 星弥 (鹿児島)

 

ホーム開幕戦の鹿児島。前節から5人スタメンを変えてきた徳島に対し、“相手の個の能力に順応するのに時間がかかった”と大島監督は振り返る。前半は徳島ペースで進む時間帯が多く、苦しい展開が続いた。

徳島は前半10分、エウシーニョからのクロスを渡 大生がオーバーヘッドでゴールを狙うも鹿児島GK泉森 涼太が好セーブ。33分鹿児島は米澤 令衣のクロスを相手DFがクリアしたこぼれ球に反応したンドカチャールスがシュート。バーに嫌われ得点にはつながらない。

0−0で折り返した後半54分、GK泉森にイエローカードが出され、徳島はPKを獲得。棚橋 尭士が先制点を決めた。

しかし鹿児島は後半、途中出場の選手が躍動する。76分、米澤のクロスを交代直後の鈴木 翔大が頭で合わせゴール。後半のアディショナルタイムには、ゴール前で相手DFがクリアしたボールを武 星弥が右足を振り抜き逆転ゴールを決めた。

鹿児島は鈴木、武のJ2初ゴールで今季初勝利をホーム開幕戦で成し遂げた。

次の試合は2024JリーグYBCルヴァンカップ 3月6日(水)19時キックオフ ホームでジェフユナイテッド千葉と対戦する。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ