KAGOSHIMA SOCCER MAGAZINE“カゴサカ☆”

【鹿児島ユナイテッドFC 1/31トレーニング後 監督・選手インタビュー】

【鹿児島ユナイテッドFC 1/31トレーニング後 監督・選手インタビュー】

2024.1.31

筋肉系や心肺に負荷をかけ、かつプレーの強度と精度を求め、チームの決まり事をベースに、戦術まで落とし込むことをテーマにする指宿キャンプを終了した鹿児島ユナイテッドFC。

 

最終日28日のトレーニングマッチ今治戦では、ここまでのチームの進捗度を測ることが出来た。

 

2日のオフを挟んで、本日からチームはユニータに戻ってのトレーニングとなった。

 

練習開始当初は雨が降り、決してピッチコンディションではないながらも、選手たちはリフレッシュし、冒頭からいい掛け声も聞こえてくる。

 

今日は、オフ明けの体起こしのトレーニング…確かにそうであったのだが、いつもとは明確に違うことがあった。

 

いつものオフ明け初日より、練習メニューが多いのだ。

 

これはチームとして意図されたことで、その理由を監督がインタビューで語ってくれた。

 

今日のトレーニングから早速取り組んでいた、今治戦を踏まえた修正点やさらなるトライが、直近では2月3日のプレシーズンマッチ、ジュビロ磐田戦で確認されることとなる。

 

そこへ向けた想いも、選手・監督それぞれが語ってくれた。

 

今日のトレーニング後、大島康明監督、有田光希選手、西堂久俊選手のコメントをご紹介します。

 

【大島康明監督】

Q.キャンプの後のトレーニングという形になりましたけれども、選手たちの疲れ具合だったというか、表情をご覧になっていかがでしたか?

(残り 5597文字/全文: 6269文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ