Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

【ニュース】Jリーグ、58クラブの経営情報を先行発表。売上高は過去最高の1,445億円。前期比111%、43クラブが増収。J1、J2の89%のクラブが増収となり、浦和は100億円を超え。

5月21日、Jリーグは2023年度クラブ経営情報開示(先行発表)に関するメディア説明会を開催した。
今回の発表では、3月決算の柏、湘南を除く58クラブが対象。

2023年度 クラブ決算一覧(58クラブ)

会見の冒頭、クラブライセンス事務局 クラブライセンスマネージャーの大城氏が23年度の経営情報について説明を行った。

主なトピックスとして発表されたのは以下の通り。

① 売上高は58クラブ合計で過去最高の1,445億円となり、前期比111%、43クラブが増収。

✓ 入場料収入は前期比138%となり、コロナ前の状況に回復した(19年度比110%)。
✓ J1、J2の89%のクラブが増収となり、浦和は100億円を超えた(103億円)。

② 売上原価・販管費は58クラブ合計で過去最高の1,483億円となり、売上高と同様に増加している。(前期比110%)。

✓ トップチーム人件費は607億円(前期比104%)と増加しており、増加した売上がチーム強化に投資されている。

※19年度、22年度の数字も2クラブ(柏、湘南)を除いたもの

2023年度_クラブ経営情報開示資料-4

2023年度_クラブ経営情報開示資料-5

2023年度_クラブ経営情報開示資料-7

2023年度_クラブ経営情報開示資料-13

2023年度_クラブ経営情報開示資料-14

 

 

 

 

 

前の記事 »

ページ先頭へ