Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~

「昨年AFCクラブライセンス基準が比較的大きく改定されたこともあり、我々のルールも今年から少し変わりました(Jリーグ・大城氏)」~2023シーズンに関するJリーグクラブライセンス判定結果発表および説明会(2)~

2022年9月28日、2023シーズンに関するJリーグクラブライセンス判定結果発表および説明会が開催された。

会見にはJリーグクラブライセンス事務局の大城亨太クラブライセンスマネージャーが出席し説明を行った。
今回から数回に分けて、クラブライセンス判定結果についてみていきたい。

(1)はこちら

○大城亨太 Jリーグクラブライセンスマネージャー

今年の判定結果です。

2023シーズンに関するJ1クラブライセンス判定結果説明資料

46クラブにJ1ライセンスが交付されています。そして岩手が新たに取得しており、施設基準の例外適用を申請したクラブは、岩手、秋田、水戸、鹿児島、琉球の5クラブでした。

ここからB等級基準について、少し説明させていただきます。

2023シーズンに関するJ1クラブライセンス判定結果説明資料

クラブライセンスの審査基準はA、B、Cに分かれていて、A等級は必須の項目、C等級は充足が望ましい項目、B等級は判定には影響を与えないが、未充足の場合は制裁が科されうる基準となります。主なところではスタジアムの屋根とトイレにB等級基準が設定されています。

(残り 1386文字/全文: 1997文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ