「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第19節 町田-福岡】「またトレーニングで積み上げて、次節以降も頑張っていきたい」/黒田剛

2024明治安田生命J1リーグ 第19節
日時:2024年6月22日(土)15:03キックオフ
会場:町田GIONスタジアム/9,092人
結果:FC町田ゼルビア 0-0 アビスパ福岡

◎黒田剛監督(町田);
Q:試合を振り返って
「今日は守備の堅い福岡さんとの対戦ということで、5バックをどうこじ開けるかということで悪戦苦闘したんですけれども、チャンスは何度かありましたが最後のクオリティというところが、ひとつ付いてこなかったなという印象です。ゲームプランとしても、0-0の考え方、失点をしないというところから少ないチャンスをものにできるという本来の町田の考え方というのをうまく使いながら押し出していったんですけれども、お互いに大きいチャンスというところまでは繋がらなかったのかなという印象です。バイタルエリア、ポケット周辺のクオリティをさらに強化し、またトレーニングで積み上げて、また次節以降、頑張っていきたいなというふうに思います」

Q:おそらく怪我人の影響もあって交代のタイミングが遅くなったというところもあったと思いますが、今日の後半の交代の考え方はどういったものだったのでしょうか?
「エリキが何分持つかというところもひとつ問題であったと思うし、または、おそらく入っても、だいぶ疲弊してきた中での藤本のスピード、それから荒木が1.5列目のところで拾う、または背後に抜けるということに長けている選手なので、そういった選手を起用するということ。または中盤の仕事のボール奪取能力というものをしっかりと生かして、中盤でボールを拾い、そして前方に早く繋げていくというところで守備の強化と、または攻撃というところで、2、3枚のカードを切りました」

Q:現状で分かる範囲で結構ですが、ヘンリー(望月ヘンリー海輝)選手の右足首の状態はいかがですか?
「ちょっとまだ分からないんですけれども、前回怪我したときよりはいいとは言ってましたが、これからどれぐらい腫れてくるかというところで、まだちょっと見えないとは言っていました」

Q:今日でJリーグ前半戦が終わりました。今日の浦和と鹿島の結果次第でまた順位も変わってくるかと思います。前半戦を振り返って監督としては上出来と考えいらっしゃるのか、あるいはJ1で戦ってみて、もう少し勝点をあげて良い結果が出せたのか、どのようにお考えでしょうか?
「FC町田ゼルビアとしてJ1初参戦ということで、目標はあえて高く掲げながらここまでやってきましたけれども、本当に選手たちの奮闘、または成長というか、ここまで首位争いをしているということで驚きを隠せない面もあるんですけれど、もちろん選手、それからスタッフ、クラブスタッフも含め、または今日の9,000人のファン、サポーター、それから町田の小学生が2,000人来てくれたということで、こういう方々が我々の背中を押し、みんなで町田を盛り上げようということで切磋琢磨してやってくれていることが、今、我々の励みにもなっていますので、そんないろんな人たちの力を借りながら、今この優勝争い、首位争いをしているということにすごくありがたみを感じる部分でもあります。予想外ではありますけれども、我々はぶれずに、このまま進んでいければいいなと思っています」

Q:今日は引き分けでしたけども、今シーズンのリーグは非常に引き分けの多いシーズンになっていますが、町田さんは3分と引き分けの数が少ないというのもリーグでトップに立っている要因かなとも思います。例えば浦和戦で引き分けそうな試合を勝ち切れているというところで、どういうところに町田さんの要因があると思われますか?
「引き分けかけた試合もいくつかあったんですけれども、日頃の鍛錬の成果というか、練習時間、それからボリュームというところも、多分、他クラブよりも強度高く、ボリュームも多くやっているという自負もありますし、そういったところでここ数試合で取っている得点の内、4分の3ぐらいはアディショナルタイムの得点ですし、いろんな意味で、後半最後の最後に取り切るという力が選手たちにみなぎっています。それが最後に勝ち切れている一つの大きな要因になっているのではないかなというふうに思います。90分、またプラスアディショナルタイムでしっかりと取り切れる、またはそこで最後に走りきれるチームを作っていきたいと思っていますので、それはそういった顕著に得点というところで結果に出ているのかなと思います」

Q:今期は五輪の関係であったり、怪我人の関係で非常にメンバーの入れ替えをしなければいけないシーズンだと思います。大体上位にいくチームというのはメンバーを固定したまま、主力の外国籍選手を中心に戦うといううチームが多い中で、どこまで先のことを考えながら、どういうふうにチームのマネジメントをやってきたなというふうに、今感じられますか?
「先を見る余裕があるかというとあるわけではないですけれども、やはり目の前の一戦に交代メンバーも含めて18名が、どれぐらいベストの状態で行けるかどうか。ですから毎週、毎週、怪我人がどれぐらい上がってくるのかということも含めて、やきもきして迎えていますけれども、その中で選手たちが与えられた仕事、またはタスクをしっかりとこなしてくれるように本当に誠実に向き合ってやってくれています。本当は先のことを考える余裕があればいいんでしょうけれど、J1の1年目ということで、今目の前にある一戦を必死で戦うということ、それだけです」

Q:今日はダブルボランチの組み合わせを仙頭選手と下田選手にしましたが、その意図をお願いします。
「もちろん中盤から敵陣ゴールに向けての強度と、それからスペースも含めてかなり強固な福岡さんなので、少しクオリティを上げたかったということ。それから、背後を突くボールの配球なんかもそうでしょうけれども、どんどん3バック裏を狙っていきたいというような意図もあったんですけれども、行けるところまで行って、最後は柴戸(海)を起用してクロージングをしていきたいという意図もあったので、どちらかというと仙頭の方がよく走っていたので、そっちの方を先に代えたということです。この3人は誰が出ても町田のサッカーをしっかりやってくれるという根拠に基づいて起用しています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ