「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 天皇杯2回戦 福岡-福山】「ピッチ上での違いを教えていただいた良い教訓になるゲーム」/森亮太

天皇杯 JFA 第104回全日本サッカー選手権大会 2回戦
2024年6月12日(水)19:00キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,643人
結果:アビスパ福岡 8-0 福山シティFC
得点:[福岡]ウェリントン(30分)、金森健志(43分)、北島祐二(51分)、シャハブ ザヘディ(65分)、松岡大起(72分)、鶴野怜樹(77分)、シャハブ ザヘディ(81分)、松岡大起(88分)

◎森亮太監督(福山シティFC);
Q:試合を振り返って
「今日はありがとうました。現実を見させていただいたゲームだったと思います。カテゴリーの違い云々は関係なく、ピッチ上での違いを教えていただいた良い教訓になるゲームだったと思います。選手たちは非常に傷ついていますし、全ての責任は私にあると思っています。ただ、我々は今週、またリーグ戦が再開して、絶対にJFLに上がるということは揺るぎない目標としてありますので、今日の現実を受け止めて次に進みたいなと思っています」

Q:非常に残念な結果に終わったと思うんですけれど、これを次に繋げていくために、どういったことを糧に選手には求めたいとお考えでしょうか?
「課題としては攻守ともにあると思いますし、オープンプレー、セットプレー、全ての局面での課題を今日いただけたので、そこを冷静に分析して、明日以降のトレーニングに全ての面で落とし込まないといけないなというのは思っています」

Q:今もJFL昇格というお話ありましたけども、そこに向けて今日のゲームをどのように繋げていきたい、テーマにしていきたいと思われますか?
「得点が取れなかった部分もそうですけど、やはり失点が多いので、守るということがメインテーマとはなってくるかなとは思いますけれども、もちろん攻撃の面でも、来週、今週からのリーグ戦でも課題となる部分はあるかなと思うんで、そこはコーチングスタッフと相談し、明日以降のトレーニングに落とし込んでいきたいなと思います」

Q:完敗だったとは思いますが、最後に福岡サポーターからも大きな温かい拍手が送られていました。その点についてはどのように受け止めていらっしゃいますか?
「このような環境で試合をさせてもらえたことを本当に心から感謝しています。福岡のサポーターの方々、福山のサポーターの方々、特に遠方から来られてチームと一緒に戦ってくれた福山サポーターの前で、こういう残酷な結果にさせてしまったのは本当に責任を感じています。彼らが笑顔でチームを後押しし続けてくれるように、これから巻き返したいなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ