「football fukuoka」中倉一志

坂田大樹/「カテゴリーに関係なく、しっかりと一戦、一戦、戦っていくというのは肝に銘じている」:【アビスパ’s Voice】

内容:練習後の共同囲み取材
日時:2024年6月9日(日)
場所:雁の巣球技場

◎坂田大樹選手;
Q:誰が出るかは監督が決めることではありますが、天皇杯には出場チャンスがあるのではないかと思います。ご自身の準備はいかがですか?
「まだ分からないですけれど、それに向けてしっかり準備をしていっています」

Q:天皇杯の相手は、普段はなかなか対戦する機会のない社会人チームですけれども、そういったところではいかがですか?
「自分も社会人チームにいたんで相手の気持ちも少し分かるところもありますが、やはりJ1のクラブと対戦できるというのは社会人のチームからしたら滅多にないことなので気合いも入っていると思うし、絶対に負けたくないという気持ちで挑んでくると思うので、そこで自分たちは受けてしまうのではなく、カテゴリーに関係なく、しっかりと一戦、一戦、戦っていくというのは肝に銘じています」

(残り 1689文字/全文: 2071文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ