「football fukuoka」中倉一志

【選手コメント J1第15節 福岡-C大阪】「グループとして防いでいくというところの堅さが今日はなかった」/前寛之/松岡大起

2024明治安田生命J1リーグ 第15節
日時:2024年5月18日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/9,327人
結果:アビスパ福岡 0-3 セレッソ大阪
得点:[C大阪]レオ セアラ(9分)、田中駿汰(29分)、為田大貴(90+7分)

◎前寛之選手(福岡);
Q:先ほど監督が、自分たちの良い流れになる前に悪い流れになり、悪い展開になり、というようなことをおっしゃっていました。プレーされていてどういった感覚だったでしょうか?
「立ち上がりはどっちつかずのゲーム展開で、セットプレー2発で(失点して)難しい展開になったと思いますし、後半に入るまでに自分たちがああいうゲームにしてしまったことに全ての問題があると思います」

Q:いつものような強度だったり、プレーの質、精彩さが影を潜めていたように感じます。
「そうですね。立ち上がりを上手く入れなかったというのもありますし、自分たちを取り戻そうというような声掛けをしましたけど、なかなかミスが続いたり、自分たちの良さの出る守備ができなかったり、攻撃ができなかったり、悪い流れが続いてしまったなというところで、悪い時間帯の中で失点をして、きつい試合でした」

(残り 2112文字/全文: 2613文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ