「football fukuoka」中倉一志

【選手コメント J1第15節 福岡-C大阪】「自分たちでしか状況を変えられない。結束して乗り越えたい」/奈良竜樹/井上聖也

2024明治安田生命J1リーグ 第15節
日時:2024年5月18日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/9,327人
結果:アビスパ福岡 0-3 セレッソ大阪
得点:[C大阪]レオ セアラ(9分)、田中駿汰(29分)、為田大貴(90+7分)

◎奈良竜樹選手(福岡);
Q:試合を振り返って
「プラン通りになかなか運ばなかった試合だったし、駄目押しゴールを決められたから…。誰も助けてくれないんで。試合中もそうだし、シーズン中もそうだし、自分たちで乗り越えるしかないし、『こんな日もある』というふうに切り替えるのも時には大事かも。ホームでたくさんの方の前で、こういうふがいない試合をして、そういうな切り替え方がいいのかどうかは分からないですけど、事実としてまたすぐ試合が来るし、次の試合は負けたら終わり。自分たちが去年、優勝している大会。そういう試合の前に、こういう良かったところが見つからないような試合。すぱっと切り替えるしかない。それぐらいしっかりやられたんで。去年のルヴァンの決勝戦の前のマリノス戦(0-4で敗戦)のときにも言ったんですけど、良くないところが全部出たと思って臨むだけですね。次の試合は決勝戦と同じ、そういう位置づけの試合だし、今日は怪我人も出てしまって、退場者も出てしまって、こんな試合は本当1年に1回以上経験したくないんで、どうにかメディアのみなさんも、選手たちを奮起させるような記事を書いてください。頑張ります」

(残り 1464文字/全文: 2081文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ