「football fukuoka」中倉一志

長谷部茂利/「新しく加入した選手との繋がりみたいなものが攻守にわたって少しずつ良くなっている」:【アビスパ’s Voice】

内容:練習後の共同囲み取材
日時:2024年5月12日(日)
場所:雁の巣球技場

◎長谷部茂利監督;
Q:京都戦はシャハブ選手の活躍もあり、シャハブ選手以外の3人で3得点。シャハブ選手と周りの連携がさらに深まった印象があります。
「そうですね。本人自身も最後にクロスからヘディングしたシーンなんかでも点数を取るチャンスがあったし、1点目をアシストしているし、3点目は相手のディフェンダーを引き付けているし、そういうところで言うと、役割も果たしてくれているし、コンビネーションという意味では、パスが行き来するようなことが増えてきているから非常に良いと思います。おそらく本人も、そこについては少しずつだけど良くなっているという、その実感はあると思うので、その回数と、バックパスだけじゃなくてゴールに向かうような、チャンスに繋がるようなパスが増えていけば、より良くなっていくかなと思っています」

(残り 5724文字/全文: 6113文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ