「football fukuoka」中倉一志

【選手コメント J1第9節 福岡-磐田】「失点に及ぶまでのボールの繋ぎが良くない前半だった」/前寛之/湯澤聖人/井上聖也

2024明治安田生命J1リーグ 第9節
日時:2024年4月20日(土)15:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,254人
結果:アビスパ福岡 2-2 ジュビロ磐田
得点:[磐田]ジャーメイン良(30分、47分)[福岡]シャハブ ザヘディ(60分、78分)

◎前寛之選手(福岡);
Q:2点ビハインドから追いついてのドローではありましたが、どのように振り返っていらっしゃいますか?
「残念な引き上けですし、2点ビハインドを追いつくこと難しい作業なので追いつけたことは良かったと思いますけれど、本来であれば、こういう展開にはしたくなかったなと思います」

Q:前半は強度、攻守の切り替え等、磐田に負けていなかったと思いますが、けれど前半を終わってみたら0-1。見ていた印象と結果が一致しないのですが、どこに問題があったのでしょうか?
「一言で言うと、攻めあぐねた形から失点したというところだと思うんですけれど、相手に上手くボール持たされながら、自分たちがどういうところで崩していくかというところを共有できなかったこともそうですし、失点に及ぶまでの自分たちのボールの繋ぎというところは良くない前半だったと思うんで、そういうところが劣勢な雰囲気になっていった試合なのかなと思います」

(残り 2384文字/全文: 2914文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ