「football fukuoka」中倉一志

松岡大起/「1人で奪い切ったり、持ち運べたり、点が取れたり、個のところの質を上げていきたい」:【アビスパ’s Voice】

内容:練習後の共同囲み取材
日時:2024年2月20日(火)
場所:雁の巣球技場

◎松岡大起選手;
Q:始動日から宮崎キャンプを経て、いよいよ開幕が近づいています。ここまで順調に進んできたように思いますが、いかがでしょうか?
「そうですね。本当に良い準備ができていますし、それは多分チーム全員がそうだと思うので、あとはピッチの中でどれだけやれるかというところがすごく楽しみだなという感じですね」

Q:キャンプでは、いろいろな組み合わせでやったと思いますが、特に好感触を得たようなところはありましたか?
「常に距離感がすごく良いので、そこは感じるものがありました。一番はそこですね」

(残り 2262文字/全文: 2545文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ