「football fukuoka」中倉一志

【スペシャルインタビュー】#1松岡大起/「一秒、一秒にかける熱い想いとプレーを伝えたい」。その先に夢と希望が見える

若干22歳ながら攻守の要の重責を担う。
ポジション争いは厳しいが、J1通算出場数は誰よりも多く経験は十分。
宮崎キャンプでもその力は見せた。
「1秒、1秒を大切に」その言葉を胸に今シーズンの飛躍を誓う。

成長するために
試合に出続けるために

Q:良い雰囲気で練習されているように見えます。始動日にはファン、サポーターのみなさんとも積極的に関わっていらっしゃいましたね。
「チームはすごく入りやすいという印象です。みんな積極的にコミュニケーションを取ってくるし、いじったり、いじられたりという関係性もあって、けれどサッカーのこともしっかりと話している。すごく入りやすいし馴染みやすいなと感じています。それにファン、サポーターの方と話したり触れ合うことで、逆にみなさんからパワーをもらっているので、一緒にいいものを作り上げていければいいなと思っています」

(残り 4410文字/全文: 4778文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ