石井紘人のFootball Referee Journal

横浜FCンドカのヴァンフォーレ甲府ピーターウタカへの76:38のボールキープは危険な方法でのプレーでは?【審判批評読者コメント】

間接フリーキック

危険な方法でのプレー

危険な方法でプレーすることとは、ボールをプレーしようとするとき、(自分を含む)競技者を負傷させることになるすべての行動であり、近くにいる相手競技者が負傷を恐れてプレーできないようにすることも含む。

倒れながらもボールをキープする危険な方法でのプレーに対し、審判は早めに笛を吹き、選手の安全を守るべき【レフェリーブリーフィングレポート】

(残り 508文字/全文: 673文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ