石井紘人のFootball Referee Journal

石井紘人の目:リプレイオペレーターが主審と会話して「念のため」とVOR内で映像を出した訳ではない【JFA審判委員会レフェリーブリーフィング5.9②】

■9:00一部修正

5月9日、日本サッカー協会(JFA)審判委員会が今年第三回目となる『レフェリーブリーフィング』を開催した。

いつも通りに扇谷健司JFA審判委員会委員長の挨拶の後で、佐藤隆治Jリーグ統括マネジャーが、Jリーグの事象について説明を行った。

その中でもJ1リーグ第10節のヴィッセル神戸×京都サンガF.C.でのVARの事象については「皆さん、どういうプロセスだったかを知りたいと思うので」「一つの事象に対して、VARが二回入るということがどうなの?と。そして、分かり辛いし、時間が9分もかかった。ということで、何でこんなに時間がかかったのか?何でこんなやりとりになったのか?」を時間をかけて説明を行った。

(残り 1788文字/全文: 2094文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ