石井紘人のFootball Referee Journal

佐藤隆治マネジャー「審判が怪我を誘発している訳ではありませんが、適切なジャッジを重ね、結果的に選手が“こういったチャレンジは良くないんだ”と」【2024.2レフェリーブリーフィングレポート④】

審判DVDシリーズ第三弾『トリオ ~セクステット』販売決定のお知らせ

2月3日、日本サッカー協会(JFA)審判委員会が今年第一回目となる『レフェリーブリーフィング』を開催した。

まずは扇谷健司JFA審判委員会委員長の挨拶、新たにJFAと契約するプロフェッショナルレフェリー(PR)になった方々の自己紹介でスタートし、新たにJリーグ担当統括となった佐藤隆治マネジャーによる2024シーズンのスタンダードの説明となった。詳細をレポートしたい。

元Jリーガーの御厨貴文PR「頭部の負傷で試合を止められる選手のストレスも分かるが」佐藤隆治マネジャー「私もFIFAで言われたのは審判が出来ることは」【2024.2レフェリーブリーフィングレポート③】

【競技者の安全を守る】には“頭部の負傷への対応”だけでなく、“選手生命を脅かすタックル”もある。これは2023年シーズンも課題としてあげており、「審判員はフェアで安全な試合が行われるよう最大限努力します。選手の皆様も相手選手の安全に配慮したプレーを心掛けて下さい」とメッセージも送っている。

(残り 1735文字/全文: 2161文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ