石井紘人のFootball Referee Journal

スライディングだけでなく、スタンディングの著しく不正なファウルプレーもしっかりと見極める【レフェリーブリーフィング9.27④】

先月末、日本サッカー協会(JFA)審判委員会がJFAハウスにて『第8回レフェリーブリーフィング』を開催し、まずは扇谷健司JFA(日本サッカー協会)審判委員長の挨拶からスタートし、続いて東城穣Jリーグ統括マネジャーが説明を行った。

日本サッカー協会(JFA)審判委員会、プロフェッショナルレフェリーとJ1クラブ、Jリーグ担当審判員とJ2チーム関係者が終盤戦を前にコミュニケーション【レフェリーブリーフィング9.27③】

Jリーグのシーズンも終盤戦となり、激しい試合が増えてくる。それこそ、勝ち点をとるためには手段を選ばないプレーも出てくるのがフットボールでもある。

東城マネジャーは、「そういった中で、我々レフェリーに出来ることは、的確な見極め、しっかりとした判定をしていくこと」とPRJFAと契約するプロの審判員)キャンプで指導を行ったという。

特に、今シーズンのテーマでもある著しく不正なファウルプレー。

選手の安全を守るために、レフェリーとしての予防、そして起きてしまった時のジャッジについて、メディアにも理解を促した。

(残り 1755文字/全文: 2169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ