石井紘人のFootball Referee Journal

無料:主審としてアジア大会決勝を担当した日本代表の審判【高山啓義レフェリーインタビュー前編】 #daihyo #サッカー日本代表 #アジア大会 #日韓戦

「中学時代には県大会で準優勝、高校時代は県大会で優勝しました。レギュラーとしてプレーしていましたが、私自身は県選抜に選ばれるような選手ではありませんでした。

中学時代の県大会の決勝では、相手チームのエースが2022年のカタール・ワールドカップで日本代表コーチをしていた上野優作さん(元アルビレックス新潟:現FC岐阜監督)でした。

上野さんは腕を骨折しながらもプレーしていたのですが、その上野さんに得点を決められて負けました。私はミッドフィルダーだったので、上野さんのボールを奪いにいきましたが、簡単には奪えない。上野さんは県内では知らない人がいないくらいの有名な選手だったので、『巧い選手はこういうプレーをするんだ』と体感したのを覚えています。今でも試合会場でお会いすることがあれば、近況などのお話をしたりします」

https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=139135

 

湘南ベルマーレ×サガン鳥栖戦のコミュニケーションの背景と平日は教員として学校に、土日の昼は部活の顧問で夜はレフェリー【審判員インタビュー|第6回・高山啓義】

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ