石井紘人のFootball Referee Journal

日本サッカー協会審判委員会、技術委員会同様にテクニカルスタディグループ(TSG)がカタールワールドカップのレフェリングを分析したJFAレフェリーテクニカルレポート【6/2レフェリーブリーフィングレポート④】

日本サッカー協会(JFA)審判委員会は6月2日、移転を控えたJFAハウスにて『レフェリーブリーフィング』を行った。

Jリーグのキーインシデント(KI)の正誤が70%から50%に低下したことを扇谷健司JFA審判委員会委員長も懸念【6/2レフェリーブリーフィングレポート③】私見は経験のあるレフェリーの引退とグレーの幅

東城穣Jリーグ統括

「ここからはJFAレフェリーテクニカルレポートについて説明させて頂きます。

以前、簡単にご説明させて頂いたビジョン2030にある「世界のトップレベルで活躍する審判員を輩出する」ですが、

扇谷健司JFA審判委員長が就任後のミッション・ビジョンを説明「審判員だけの世界に入りこまない」「世界のトップレベルで活躍する審判員を継続的に輩出する」

では、どのように実現していくのか?

JFAでは、技術サイドがテクニカルスタディグループ(TSG)を設け、日本サッカーの強化に大きく役立っています。

我々レフェリーサイドも、今回のFIFAワールドカップカタール大会(カタールW杯)にどういった特徴があるのか?FIFAはレフェリーに何を求めているのか?世界トップレベルの審判員の特長や長所、世界のトレンドなどを把握する必要があります。そして、そこに対して何が出来るのか?

(残り 1851文字/全文: 2312文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ