石井紘人のFootball Referee Journal

アビスパ福岡ルキアンの名古屋グランパス先制点は「倒れている選手がいるままプレイが続行、審判がプレーを止めるべきでした」のレフェリー批評

55秒、名古屋グランパスバックラインからの相馬のロングボールに重廣が反応するも、ボールはアビスパ福岡の宮かGK永石がクリア出来る位置にあったため、重廣もセカンドボールを狙う動きに変えていた。

(残り 654文字/全文: 749文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ